今月の子どもたち
 
2012年7月3日
魚の日
保育園に魚がやって来ました。
今回持ってきていただいた魚は・・・
メバル・太刀魚・カワハギ・タコ・アオリイカ・スズキ
こども達は、ずらりと並べられた色々な形の魚に興味津々。
太刀魚を見て「ヘビみたいに長いね。」「キラキラでつるつる。」
「これ(カワハギ)口が小さい。こっち(メバル)の口は大きい。こいのぼりみたい。」
カワハギは皮のむきかたを教わり、無言で真剣な表情でむいたりなどなど、見て触って大興奮でした。
 スズキをさばいてもらうと、なんとお腹の中から『トビウオ』が出てきてビックリ。
「どうやってつかまえたのかなあ?」「ごっくん。て飲み込んだんかなあ?」「すごーい。」と驚きのあまり、こども達の目はまんまるになっていました。
魚がいっぱいあったので園長先生や保育士も魚をさばくのに参加。
そうするともっと間近で魚の体などを見る事が出来、みんな益々興味津々に。
そして、さばいているところを見ながら、色んな魚のしっぽやひれを手に取り、広げたり匂いをかいだりし、魚について色んなことを知りました。
 その後、その魚を塩焼きやフライ・パイ包みにして、おいしくいただきました。
全部表示する